夏におすすめのメンズの髪型は?

夏といえば暑い季節です。
様々なイベントが待つ、一年の中でも楽しい季節である一方で、その暑さが髪の毛にとっては考え物であるのも事実です。そんな夏にメンズにおすすめの髪型をいくつか提案したいと思います。

短髪

ショート+ツーブロック

夏と言えばやはりおすすめは短髪です。長い髪は暑苦しさを感じてしまうことでしょう。
また、感覚だけではなく、現実的に汗をかくシーズンなので、髪が長いとケアが難しく、不衛生です。ただでさえ長い髪はケアがとても大変なので、夏の暑い季節にはショートがおすすめです。その中でもツーブロックは、流行をうまく取り入れていますので、ただ単に短いだけではなく、お洒落感の演出もできます。
また、夏はファッションのコーディネートも薄着になりがちですが、ショートとツーブロックの組み合わせは、夏のコーディネートとの相性も抜群。どのようなファッションであれ、ある程度似合う汎用性の高さがありますので、髪型に迷ったショートがおすすめです。

ショート+カラーリング

ショートにカラーリングも夏のおすすめです。
カラーリングは、他の季節の場合、少々浮いてしまうかもしれませんが、夏の解放感は明るいカラーリングを許します。
学生の場合、夏休みの間は校則を意識することもありませんので、思い切って派手な色にしてしまうのも良いでしょう。
その際、ショートであればカラーリングをしても若さの演出になります。長髪の場合、カラーリングするとガラの悪さが出てしまう男性もいますが、ショートであれば若々しさもありますので、夏だけ限定のカラーリングを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。
拘束でカラーリングが禁止されている場合には夏休みが終わるころにはカラーリングを戻さなければなりませんが、ショートであれば、伸びてきた部分を切れば「黒髪ショート」のスタイルになります。

ベリーショート

ショートというよりも、ベリーショート、むしろ坊主。これが許されるのも夏です。
髪が短すぎると紫外線に気を付けなければならないのですが、夏はどうしても汗をかきます。汗をかくと、匂いの問題もあれば、頭皮にとっても不衛生です。さらに髪が長いとシャンプーの際のケアも面倒なのではないでしょうか。
その点坊主であれば、ケアの負担がありません。他の季節の場合、坊主にすると寒いとの声も聞こえてきますが、夏であれば寒さに悩むこともありませんので、夏場だけ思い切って坊主、あるいはベリーショートにしてみるのも良いのではないでしょうか。

夏のおすすめ髪型の決め方!

美容院に相談してみる

夏にどのような髪型にするかは、まずは一度美容師に相談してみるのも良いでしょう。
美容師に相談するメリットとして、流行をしっかりと抑えてくれる点はもちろんですが、自分の顔や頭の形に似合った髪型を提案してくれます。
また、紙が伸びてきた時にどうするのかなど、「夏の後」までイメージしてくれますので、自分でどうすれば良いのか分からないのであれば、美容院に足を運ぶことをおすすめします。

街に出てイメージしてみる

夏にどのような髪形にするか、街行く人を見てみるのも良いでしょう。
お洒落な男性を見て、「あれは良いな」「あんな髪形にしてみたいな」と思うのも良いのではないでしょうか。
画像を見るよりも立体的ですし、自分自身でもイメージしやすい部分もあるのではないでしょうか。
また、街行く人を見ると、ただ単に髪型がさんこうになるだけではなく、髪型とファッションの関連性も参考になることでしょう。
あまりじろじろと見ると失礼になってしまいますが、ちらっと見て、良いなと思った髪型を真似てみるのも良いでしょう。

夏に関してはセルフカットもあり

夏、ショートにするのであればセルフカットもありです。
自分自身で髪を切るのは難しいかもしれませんが、自分自身でチャレンジして、失敗したら美容院や床屋にてフォローするというスタンスでも良いでしょう。
セルフカットの場合、自分の好きなスタイルが可能です。美容院では頼みにくい髪型でも、セルフであれば気兼ねなくチャレンジできるのではないでしょうか。
髪の毛は短い物を長くすることはできませんが、長い物を短くすることは可能なので、自分が思い描く理想のショートにすべく自らでチャレンジし、上手くいけばそのままで良いですし、失敗したなと思ったら美容院なり床屋に足を運んで事情を説明してフォローしてもらう。これもまた、ショートだからこそ可能です。

まとめ

夏といえばショートというメンズも多いことでしょう。
しかし、ショートにも様々な種類がありますし、どこで自分の理想となるショートを見つけるのかという問題もあるのではないでしょうか。
それぞれ思い描く理想は異なるかと思いますが、いろいろな方法で自分の理想を追求してみるのも良いのではないでしょうか。
ショートの場合、ある程度失敗が許される部分もありますので、まさに「チャレンジできる季節」、それが夏です。

Tags: , , ,

Advertisement