おすすめのスタイリング剤6選!選び方の重要なポイントもご紹介

スタイリング剤を購入する際には、「どのようにしてスタイリング剤を使用するのか」を決めたうえで、数ある商品の中から絞り込むことがポイントです。
そこで、スタイリング剤を選ぶ際に注目したいポイントやおすすめのスタイリング剤も紹介します。

スタイリング剤は使いやすいものを選ぶ


美容院でスタイリング剤を買う場合、可能な限り試してから購入することがポイントです。
美容院では、どのスタイリング剤が良いのか相談をすることも可能であり、実際に触ってみたいと申し出ても対応してくれます。
理由は、実際に使い使い勝手を確かめて使いやすいと感じるものでなければ、スタイリングをする際に不便に感じたり思い通りの髪型にできなかったりするためです。
スタイリング剤を手のひらに取って伸ばし、テクスチャを確認したり香りを確認したりしたうえで、毎日スタイリングをする際に負担なく使用できるかどうかを判断しましょう。

思い通りにスタイリングできるタイプを選ぶ


スタイリング剤を購入する際には、どのような使い方をしたいのかを中心に選ぶ必要があります。
そのため、気になる商品が自分好みの髪型にできるものかどうかは非常に重要です。
お店の人や美容師に相談することで、自分好みの髪型に適したスタイリング剤を見つけられるでしょう。

自分の髪質に合うかどうかを見極める

実際に使って試したスタイリング剤が、自分の髪質に適しているかどうかは、実際に髪につけてみなければ分かりません。
自分の髪質に合うスタイリング剤を選ぶためには、髪質を把握している美容師に相談する方法が最も有効です。
美容師は髪に触れているうえに髪に関する知識が豊富であり、実際に選んだスタイリング剤が髪質に適しているかどうかをアドバイスしてもらえます。

おすすめのスタイリング剤6選


様々なスタイリング剤が発売されていますが、特に人気があるおすすめのスタイリング剤を6つ紹介します。

ミューヴル ドライハードワックス

出典: www.amazon.co.jp

ミューヴルのスタイリング剤のなかで1番人気といっても過言ではないドライハードタイプのスタイリング剤です。
通常のドライワックスと比較して髪に馴染みやすく、仕上がりが軽いため非常に使い心地が良いでしょう。
スタイリング剤を使い慣れていない人はもちろん、スタイリングに慣れている人にもおすすめです。
髪の毛が柔らかく立たせにくい髪質であっても使用できますが、比較的柔らかい髪質の人に適しています。
さらに、少し長めのショートヘアの人でもスタイリングしやすいことが特徴です。
束感を出しやすいため、扱いやすいでしょう。ショートウルフやマッシュの人気のヘアスタイルにも活用できます。

アリミノ ピース フリーズキープワックス

出典: www.amazon.co.jp

人気スタイリストや芸能人も実際に使用しているとして人気のピースシリーズのなかでも、特に人気のあるスタイリング剤です。
ワックス特有のベタつきがなくキープ力が高いことが魅力であり、髪質が柔らかい人、剛毛の人でも扱いやすいでしょう。
ただし、若干硬さがあるためパーマを当てている場合は扱いにくいので、使用する際にはライトハードワックスと合わせて使用する方法が有効です。

ショートヘアに使用しやすく、ベリーショート、ミディアムショートなどのスタイリングに最適だといえます。
根元からしっかりと立ち上がるため、ミディアムをベースとしたヘアスタイルの場合に最もおすすめのワックスです。
キープ力があり、ウルフカットといった髪の立ち上がり方を重視したい人にも適しているしょう。
しかし、ウェット感はないため、しっかりと分け目をつけたい人には適していません。

アリミノ ピース ハードワックス

出典: www.amazon.co.jp

セット力が非常に高く、伸びの良いテクスチャーが特徴のワックスです。
スタイリングをした後もさらりと仕上がるため、ワックスをつけたベトつきを避けたい人には最適でしょう。
ただし、伸びの良さが特徴のため、束感を作りたい人、柔らかすぎる髪質の人にはあまり適していません。
剛毛タイプの人のスタイリングに向いています。
ベリーショートでもセット可能なほどセット力が高いことが魅力であり、ショートの人は1つ持っておくと便利でしょう。ナチュラルなスタイリングに仕上げたい人におすすめです。

クールグリースG

出典: www.amazon.co.jp

グリースの定番であるクールグリースシリーズのなかでも、特に扱いやすいのがクールグリースGであり、ツヤやウェット感、キープ力もあるため非常にバランスが良いです。
スタイリング剤としてポマードを使うケースは少ない20代からも人気を集めています。

ルシード ヘアリキッド

出典: www.amazon.co.jp

香りがついていないため、スタイリング剤の香りが気になる人に最適です。
ナチュラルな仕上がりになるリキッドであり、ベトつかないため様々なシーンで活用できます。

ルシード ヘアクリーム

出典: www.amazon.co.jp

40代以降の男性に最適なヘアクリームです。年齢を重ねると髪質が変化し、細くなったりスタイリングが決まらなかったりとデメリットがあります。
しかし、ヘアクリームは浸透性アミノ酸が含まれているため使用するすればするほど、コシやハリが生まれる効果が期待できることが魅力です。
髪のボリュームを増やして、スタイリングを楽しみたい人に最適だといえるでしょう。

自分の髪質や髪型に合うスタイリング剤を選ぼう

髪質は1人1人異なるうえに、好みの髪型やスタイリング剤を使用した時の感触にも違いがあります。気になるスタイリング剤があれば、まずは試してみることが大切です。好みのスタイルに仕上げるためにも、自分に適したスタイリング剤を見極めましょう。

Advertisement

注目ワード

Facebook