短髪のメンズならカラーリングで髪の毛に個性を

清潔感のある短髪は女性からの人気もあれば、男性としても煩わしさもなく、手入れも簡単とあって人気のヘアスタイルです。
しかし、短髪の場合何もしないと「ただ短いだけ」で、お洒落な印象ではなく、「お洒落に無頓着な人」とのイメージを持たれかねません。
そこで、短髪のメンズこそ少し髪の毛を弄ってみてはいかがでしょうか?
短髪こそ、少し髪の毛を弄るだけで「お洒落」な印象を与えることができますよ。

カラーリングだけでも変わる短髪

短髪こそカラーリング

短髪のメンズこそカラーリングに挑戦してみることをオススメします。
なぜなら、短髪のカラーリングには多くのメリットがあるからです。

まず、短髪の場合多少派手なカラーリングでも「お洒落」な印象を与えられます。
長髪、あるいはミディアムくらいのメンズが派手なカラーリングをしてしまうと、お洒落というよりも「柄が悪い」「怖い」といった印象を与えてしまいがちです。
その点短髪の場合、そもそも短髪がさわやかなので多少派手なカラーリングをしたとしても「お洒落」な印象を与えることができます。

失敗したとしてもすぐに生え変わる

カラーリングが上手くいかなかったとしても、短髪の場合すぐに生え変わります。
人間は一か月でおよそ1cm髪の毛が伸びると言われていますので、2cmの短髪のメンズの場合、仮にカラーリングに納得がいかなかったとしても二か月もすれば何事もなかった状態に戻れます。
長髪のメンズの場合、カラーリングに失敗したら死活問題になりかねませんが、短髪のメンズであれば少し我慢していればすぐに元通りです。

自分でも気軽にカラーリングが可能

短髪のメンズの場合、自分で気軽にカラーリングにチャレンジできます。
ドラッグストア等でカラーリング剤は簡単に購入できますが、長髪の場合、気を使ってカラーリングを行わないとムラができてしまいますし、髪の毛の長さによってはカラーリング剤が足りなくなり、中途半端な形になってしまう可能性もあります。

その点短髪の場合、短いので量が足りなくなる心配はありませんし、髪の毛が短いのでムラにもなりにくいです。
長髪の場合、カラーリングだけではなくその後の処理まで考えると自分で行うとなれば相当面倒ですが、短髪であれば問題ありません。

短髪ならいろんなことにチャレンジできる

メッシュにチャレンジ?

短髪の場合、髪の毛が短いので自分でも少し工夫するだけでアレンジが可能です。
例えばメッシュ。
まばらにすることでお洒落な印象を与えられるヘアスタイルですが、メッシュは短髪であれば自らでも可能です。

カラーリングで髪の毛を染める際、染めたくない部分にアルミホイル等を巻いてガード。
その上からいつものようにカラーリングを行えば、アルミホイルを巻いていた部分は染まりませんので、簡単にメッシュが可能です。
長髪の場合、髪の毛が長いのでアルミホイル等で染めたくない部分を巻くだけでも一苦労ですし、カラーリングが終わった後、アルミホイルをはがす際にも髪の毛が絡まってしまいがちです。
その点、短髪であればそれらの心配もありませんので、自分で手軽にメッシュを楽しめます。

ハイブリーチにもチャレンジできる

短髪の場合、ハイブリーチにも簡単にチャレンジできます。
髪が短いおかげでムラになりにくいだけではなく、染まっているかどうかを確認しやすいですし、一度のカラーリングの手間も長髪程ではありません。

長髪の場合、カラーリングを際その後のシャワーやブローも手間がかかりますが、短髪であればそれらの手間も軽減できます。
そのため、繰り返しのカラリーングも長髪と比べれば短時間で行えます。
もちろん頭皮への影響は気を付けなければなりませんが、長髪では美容院に足を運ばなければ難しいようなハイブリーチも、短髪であれば自らで行えます。

工夫次第でいろいろなことができる短髪

上手くアレンジすることで、例えば一度ハイブリーチをかけたあと、暗いトーンのカラーリングの際にメッシュを作ればハイライトが完成します。
短髪の場合、髪の毛が短いおかげでカラーリングそのものが簡単です。
もしもですが、長髪で同じことをと思ったらそれなりにテクニックが求められるものもあります。

そもそも長髪の場合、髪の毛が長いので全てを均一にカラーリングすることが難しいです。
その点も短髪であれば問題ありませんので、自分のアイディア次第で様々な形でカラーリングを楽しめます。

まとめ

短髪は清潔感があるだけではなく、髪の毛そのものが短いのでカラーリングの手間もかかりません。
軽く染めるだけであればわざわざ美容院に行くよりも自ら行った方が時間もお金もかかりません。
多少なりともお洒落に興味があるメンズは、短髪にした後はカラーリングを楽しんでみるのも良いでしょう。

カラーリング次第で全く違った印象を与えることもできます。
失敗したとしてもすぐに生え変わりますので、思い切って様々なカラーリングにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

Tags: , ,

Advertisement

注目ワード

Facebook