面長のメンズの髪型のポイントは「横」

オシャレなメンズであればかっこいい髪型になりたいと思うことは何ら不思議なことではありません。
そのために、あれこれ試行錯誤するのも楽しいものなのではないでしょうか。
パーマ、カラーリングも含め、かっこいい髪型を模索しているメンズは珍しくないでしょう。
しかし、そもそも「かっこいい」とはいわば合っているかどうかです。
同じ髪型でも顔の形やパーツによって全く印象は異なりますが、面長のメンズにとってポイントとなるのは「横」なのをご存知でしょうか。

面長のメンズの髪型の特徴

長い、つまり長方形をどう考えるのか

面長の場合、顔の形がいわば長方形になりますので、髪型次第でより面長を強調させてしまうこともあれば、逆に上手くごまかせるものもあります。
その際にポイントとなるのがどれだけ皮膚を露出させるのかと、どこにボリュームを付けるのかです。
その意味では、面長メンズの髪型選びの特徴は、「横」が大切になります。

横が大切になる理由

横、つまりはサイドの部分は面長メンズにとって何よりも意識すべき部分です。
例えばツーブロック。
サイドの部分を刈り上げたお洒落なスタイルは、流行の枠を超えて一つの「メンズのスタイル」として定着していますが、面長のメンズの場合、ツーブロックは顔の長さを強調する形になってしまいます。
これが実は面長メンズの髪型のポイントでもあります。
横の部分が短く刈り上げられていると、すっきりした印象ではあって面長感を強調してしまいますが、逆に横にボリュームをつけることで、上手くごまかせます。

人間は顔だけじゃなく、髪を含めた「頭」で印象が決まる

横の部分にボリュームを出すことで、面長をごまかせるのは、人が人を見る時、顔の部分がどこなのか、皮膚がどこまでなのかといったことではなく、顔と髪の毛を合わせた「頭」として判断しているからに他なりません。
そのため、サイドにボリュームを出すと、頭全体としては面長ではなくなります。
一時期流行した横を伸ばしてパーマで巻いたりすることで、面長を払拭できるのも、顔全体で捉えると「長方形」ではなくなるからです。
つまり、面長のメンズは耳の上、頭の横の部分にこそこだわることが大切です。

面長メンズに合う髪型と合わない髪型

合う髪型

面長のメンズに合う髪型としては横にボリュームを出すと共に、前髪も上げるより降ろしたほうが良いでしょう。
前髪を下すことで、おでこが塞がります。
すると顔の長さを短いと印象付けることができます。
前髪を降ろし、かつ横のボリュームを出す。これが面長メンズにぴったりの髪型になります。

おすすめとしてはスパイラルパーマです。
スパイラルパーマの場合、髪そのものにボリュームがでますので、顔の形を良い意味で不鮮明にします。横はもちろんですが、全体的にボリュームを出すことで、「顔が長い」ではなく「頭が凄い」といった印象になりますので、上手くごまかせることでしょう。

社会人の場合、前髪を下して、横を少し流すくらいにすると、顔のバランスが整います。
横だけトップよりも長めにして流すことで、ボリューム感の演出になります。
ツーブロックとはまったく逆のコンセプトになりますが、面長であることを気にしているのであれば、横、そして前髪。これらに気を付けるだけでも大きく印象を変えることができます。
また、もみあげも長めにしておくと良いでしょう。
もみあげが長い、あるいはボリュームがあると、こちらも面長感を上手くごまかすことが可能です。

合わない髪型

逆に面長に合わない、つまり面長を際立たせてしまう髪型はまずはツーブロックです。
面長をごまかすためには横のボリュームが必要であることを考えると、ツーブロックと面長のメンズの相性は良いとは言えません。
また、前髪を伸ばして分けるスタイルも合っていません。
なぜなら、おでこを見せると、顔の長さが引き立ってしまうからです。

ツーブロックにするのであれば前髪を降ろしていくらか面長である点をごまかすことが面長を誤魔化すうえでの最低条件になりますので、横の部分を刈り上げ、かつ前髪を上げている状態ではむしろ面長であることを際立たせているようなものです。
ツーブロックだけではなく、トップを立ち上げるスタイル、横の部分をジェルで固めてボリュームを感じさせなくスタイルは向いていません。
また、もみあげを短くすると、こちらも面長感が演出されてしまいます。

まとめ

面長は顔が長いので、雑誌やサイト等で格好良いと思ったスタイルを実践しても、しっくりこないケースも珍しくないことでしょう。
大切なポイントは横、そして前髪になることを覚えておくと良いでしょう。
つまり、流行の髪型を見た際、自分に合うか合わないのかを判断するポイントとして、まずは横の部分を見てみましょう。
横にボリュームがあるスタイルの場合、面長のメンズにも似合う可能性が高いですが、横にボリュームがない場合、残念ながら似合わないでしょう。

Tags: , ,

Advertisement

注目ワード

Facebook