薄毛でもカラーリングしたい!抜け毛と薄毛を予防しながらカラーを楽しむ方法

薄毛に悩んでいる人でも、「ヘアカラーをしたいが、頭皮や髪に負担がかかり薄毛や抜け毛が進行するのではないか」「悪影響ではないか」と不安を覚える人も多いでしょう。
しかし、カラーリングによって薄毛や白髪といった見た目の印象を大きく変化させられることがメリットです。
そのため、気軽に行いたいものの、実際にヘアカラーリングの影響によって薄毛や抜け毛が進行するといった情報もあり不安を覚えているというケースも少なくありません。
実際には、正しいアフターケアをすることによって、頭皮や髪への負担を軽減することが可能です。
カラーリングに関する不安や、頭皮や髪に負担が少ないカラーリング方法について紹介します。

カラーリングは4種類に分けられる

カラーリングにはいくつかの種類があり、それぞれの種類ごとで髪や頭皮への負担と、色がどの程度長持ちするのかが異なります。
4つの種類の特徴について、それぞれ簡単に見ていきましょう。

脱色剤「ブリーチ」

ブリーチは、髪そのものの色素を分解することで髪色を明るくするカラーリング方法です。
半永久的に色を保てます。

一時着色剤「ヘアマスカラ」

まつ毛に使用するマスカラ同様に、髪に染料を塗ることで髪色を変化させます。
シャンプーをすることで簡単に落とせることが特徴です。

染毛剤「ヘアマニキュア」

ヘアマニキュアは、爪のマニキュアと同様に髪の表面に色を乗せる形で髪色を変化させる方法です。

染毛剤「ヘアカラー」

ヘアカラーは、髪を脱色しながら色素を入れることで髪色を変化させる方法です。

髪や頭皮に負担がかかりにくいカラーリング

髪や頭皮に最も負担がかからないカラーリング方法は、シャンプーをすることで落とせるヘアマスカラだといえます。
次にヘアマニキュア、ヘアカラー、ブリーチの順で頭皮と髪への負担が大きくなることが特徴です。
ヘアカラーやブリーチは色を長持ちさせる効果が期待でき、明るい色を楽しめるものの、頭皮や髪への負担が非常に大きいため注意しましょう。
一方、ヘアマスカラやヘアマニキュアは色を長持ちさせる効果は期待できませんが、頭皮や髪へのダメージは抑えられるうえに、適度な髪色の変化であれば十分に楽しめます。

カラーリングをする際は頭皮に薬剤がつかないように注意しよう

十分に気をつけなければならない点は、頭皮に薬剤がつかないようにすることです。
カラーリングの薬剤が頭皮に付くことによって大きな刺激になり、肌の炎症を起こす可能性が高いでしょう。
また、薬剤が詰まった状態ですすぎ残しがあると毛穴に雑菌が繁殖し、頭皮環境が大きく悪化する可能性もあるため注意が必要です。
頭皮がダメージを受けると、薄毛や部分的な脱毛が起こるケースもあります。
さらに、アレルギーによって赤みや痒み痛みや腫れといった皮膚に炎症が起こる場合もあり、悪化すれば血圧低下やじんましんといった身体全体に大きな影響を及ぼす場合もあるため注意が必要です。
初めてカラーリングをする際やアレルギー症状がある人、不安な場合には、カラーリングをする前に必ずパッチテストを行いましょう。
パッチテストとは、ヘアカラーの薬剤が自分の肌に合うかを確認するためのテストであり、薬剤を少量肌に乗せて48日間後に肌の状態を確認する方法です。
パッチテストで異常が見られなければ、問題なく薬剤を使用できます。
ただし、パッチテストで赤み痛み、腫れといった炎症が起こった場合にはカラーリングをするのは控えましょう。

決められた放置時間を守る

カラーリングの薬剤を塗った後は、商品ごとに決められた時間放置する必要があります。
長時間放置すればしっかりと色素が入り、短時間放置すると適度に染まることが特徴です。
そのため、自分で放置時間を調整し、しっかりと染めたいため自分で放置時間を調整するといったケースもあります。
しかし、放置時間が長くなるほど髪にも負担がかかるため注意しましょう。
カラーリングをする際には、正しい放置時間を守ることが大切です。

サロンでアドバイスをもらう方法もおすすめ

カラーリングは薬剤の種類ごとで程度は異なりますが、いずれの方法でも髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。
抜け毛や薄毛の進行を抑えたい場合や不安が大きい場合には、カラーリングを避けた方が良いといえるでしょう。
どうしてもカラーリングをしたいのであれば、市販されているセルフカラーを使用するのではなく、サロンでプロにカラーリングをしてもらう方法が有効です。
事前に抜け毛や薄毛が心配であるといった相談をしておけば、カラーリングをしても良いか、どのように行う方法が有効かをアドバイスをしてもらえるでしょう。
また、毎日のケア方法についてもアドバイスをくれる場合があります。

カラーリングをした後はアフターケアを行おう

薄毛が気になる場合でも、正しい方法、適切な種類のカラーリングをすることで髪色の変化を楽しむことは可能です。
ただし、日ごろからケアを行い、頭皮や髪に負担がかからないようにヘアアレンジを楽しみましょう。

Advertisement

注目ワード

Facebook