カラーリングは自分でできる?美容院との仕上がりの違いや注意点

ヘアカラーは、ドラッグストアやコンビニなどで手軽に購入できます。
そのため、自分でカラーリングをする人も多いです。
しかし、髪にダメージを与えず綺麗に保つためには、美容院でカラーリングをした方が良いといえるでしょう。
セルフカラーリングと美容院での施術にはどのような違いがあるのかを解説します。

セルフカラーリングのメリットとデメリット

セルフカラーリングは1,000円以下で購入でき、予約の必要もないため手軽に行えます。
しかし、自分でカラーリングをすることにはデメリットもあります。
しっかりと確認したうえで、どちらを選ぶのかを決めましょう。
メリットとデメリットを解説します。

セルフカラーリングのメリット

自宅でカラーリングをするメリットは、好きなときに自宅で行える、美容院で行う場合と比較して安いといったことが挙げられます。
特に、学生や主婦は美容院へ行く時間を確保できないことや出費を抑えるためにセルフカラーリングを選ぶケースが多いです。

セルフカラーリングのデメリット

自分でカラーリングをするデメリットは、ムラになる、想像していた色ではない、頭皮にトラブルが起こるなどが挙げられます。
さらに、カラーリング剤の使用方法を間違えて明るくなりすぎた、真っ黒になってしまったなど、似合わないカラーになるケースも多いです。
自分でカラーリングをすると、想像していた色に仕上がらないことが多く、薬剤の扱い方や色の選択を誤ることにより様々なトラブルが起こります。

何度もカラーリングをしているうちに色が明るくなりすぎてしまい、直すために美容院へ行くといった人も少なくありません。
なかには、セルフカラーリング製品を持ち込んで施術を行う美容院も存在しますが、基本的には美容院で取り扱っているカラーリング剤を使用しましょう。
美容院で使用するものと、市販されているまのでは質が異なるためです。

美容院でカラーリングをするメリット

美容院でカラーリングをするメリットは、主に2つ挙げられます。

薬剤を選べる

美容室では、1人1人異なる髪質に合わせて薬剤を変える、髪の状態を整えてからカラーリングを行うことが特徴です。
髪は、すべて状態が均一なわけではなく、カラーリングをしている場所と新しく髪が生えた場所では髪の傷み方に差があります。
自分でカラーリングをする際に使用する市販の薬剤は1種類のみであり、成分の強度をコントロールできないことがデメリットです。
そのため、負担がかかっている場所へさらにダメージを与え、頭皮や髪の状態が悪くなります。

似合う色に合うカラーを選んでもらえる

どれほど流行っているカラーであっても、自分の肌や雰囲気に合うと限りません。
美容室でカラーリングする場合、1人1人の瞳や肌の色、髪質などに最適なカラーを提案してもらえます。
自分では分からない魅力を引き出すためには、自分に似合うカラーを的確に選ぶことが重要です。
色選びを間違うと魅力が半減することにもつながります。
家のカラーリング剤は非常にリーズナブルで購入しやすく、色のバリエーションも豊富ですが、美容院でカラーリングをすると沢山のメリットがあり、価格に見合ったメリットを得られるといえるでしょう。

美容院でカラーリングをした場合のデメリット

美容院でカラーリングをする際のデメリットは、セルフカラーリング剤と比較して料金が高くなる、美容院に予約をしたり足を運んだりしなければカラーリングを行えない、美容師とのコミュニケーションが必要といったことが挙げられます。
セルフカラーリング剤は基本的に600円程度、高いものでも1,000円程度の値段であり、自分で染めるためカラーリング剤のみの料金で、非常に安くヘアカラーを楽しめます。
美容院の場合は5,000円程度、カットを含めると1万円近くの料金になるケースが多いため、比較すると10倍程度の値段になることが多いです。

加えて、美容院に行かなければならなかったり、自分がカラーリングをしたいタイミングで予約を取れなかったりといったデメリットもあります。
さらに、美容師とのコミュニケーションも必須であるため、人と接するのが苦手な人にとってはデメリットになるでしょう。
家事や仕事が忙しく、美容院に足を運ぶ時間を取れない人にもデメリットになります。

ヘアカラーをする際の注意点

ヘアカラーをした際の発色は、髪内部のメラニン色素の種類と量によって異なります。
メラニン色素は1人1人異なり、少ない髪質よりも多い髪質の方がカラーが入りにくいことが特徴です。
メラニンが多い場合は染める際に脱色し、その後に色を入れなければなりません。
一方、メラニン色素が少ない場合は、色を抜きすぎてしまうケースが多い点に注意が必要です。
自分でブリーチを行なっても思い通りのカラーにならない原因は、メラニン色素にあります。
そのため、美容院で髪質を見極めてもらう必要があるのです。

綺麗に染めるなら美容院でカラーリングをしよう

自分で行うセルフカラーリングと美容院で行うカラーリングは、それぞれメリットとデメリットがあります。
しかし、正しい方法や髪質に適した色や薬剤でなければ、長時間同じ色を維持できない可能性が高いです。
自分の髪質をプロに見極めてもらうためにも、まずは美容院でヘアカラーをしてみる方法が有効だといえるでしょう。

Advertisement

注目ワード

Facebook