社会人のツーブロックは何ミリが最適?黒髪に似合う刈り上げスタイル

社会人になると悩むのが髪型。スーツを着る仕事だと尚更ですよね。今の日本のビジネスマンは、黒髪短髪が鉄則です。これから変わることもないでしょう。

黒髪短髪は前提としても「その中でオシャレな髪型にしたい」と考える方に真っ先にでてくるスタイルが、サイドを刈り上げたツーブロックスタイルですよね。

ツーブロックは清潔感もあり、派手になりすぎなければOKな会社も多いです。
しかし、いざツーブロックを入れるにあたって悩むのが「刈り上げの短さ」です。

清潔感もだしたいけど、何ミリまでならいいの?というか、ツーブロックはどんな髪型にすればいいの?直接上司に聞くのも気まずいし・・・と思ったことはありませんか?

今回は、社会人におすすめのツーブロックで黒髪に似合う刈り上げスタイルをご紹介していきます!

社会人に人気のツーブロック(刈り上げ)スタイルとは


ツーブロックとは、頭頂部から耳の上ぐらいまでの髪は長めに残し、そこから下の部分は刈り上げにしている髪型のこと。

ひとつのヘアスタイルの中にふたつのスタイルが存在することから、ツーブロックと呼ばれるようになりました。

トップの髪は束ねたり七三にしたり、各々の骨格や好みに合った髪型を楽しめます。

また、トップのスタイルだけではなく、サイドの長さや、刈り上げを入れる幅も様々です。
ビジネスマンの方でしたら、サイドだけ短くするスタイルが多くみられますね。
襟足まで刈り上げるのももちろんありです。

私服のファッションに応じて自分に合ったヘアスタイルをみつけましょう。

ツーブロックは何ミリまでOK?短さによってかわる印象


その短さによってかなり印象の変わるツーブロックスタイル。社会人の場合、短すぎるのはワイルドになってしまうので絶対NGです。

逆に長すぎるのもボサボサになってしますのでNG。適度な長さを維持する事が大切です。

ツーブロック(刈り上げ)の目安

15mm→長すぎますね。
下手にボサボサになってしまうので「こういう髪型なら15mmでも清潔感がある!」という確信がなければ、おすすめしません。

10mm→一番おすすめできる短さが10mmです。
ほぼ黒に見えますし、髪型に厳しい職場でも10mmなら許されるでしょう。

6mm→青さより黒さのほうが目立つ6mm。
黒さのほうが目立つ長さのため、どんな職場でも基本的にOKだと思います。
はじめてツーブロックを入れる方にもおすすめ。

3mm→やや青くなり、ワイルドな印象になります。
ある程度伸びてもそれなりに様になる長さですが、NGな職場もあるかもしれません。
ビジネスマンにはおすすめできない長さです。

1mm→ほぼスキン。
かなりクラシックでワイルドな印象になります。
というか青くなるのでビジネスでは絶対にNGです

黒髪に似合う刈り上げヘアスタイルはこれ!

次に、黒髪に似合う刈り上げヘアスタイルについてご紹介していきましょう。
今回ご紹介するヘアスタイルは、どこの職場でも基本的にOKなスタイルをご用意しました。
ぜひ参考にしてみて下さい!

ベリーショート×ソフトモヒカン①


頭の形に沿って刈り上げの長さも微妙にかえるスタイル。
トップにかけてだんだん長くするツーブロックはナチュラルな印象になります。
奇をてらわないスタイルは出会った相手に確実に好印象を与えます。

ベリーショート×ソフトモヒカン②

先ほど紹介したスタイルと趣が違ったベリーショートスタイル
ザックリとしたスタイリングですが、グリースやジェルを利用しウェットに仕上げる事でアダルトな印象にしてくれます。

七三×ツーブロック


七三スタイルにツーブロックをいれれば、今流行りのネオ七三スタイルの完成です。
バックの刈り上げもポイントで、下から上にかけて長さを調整することで頭の形を綺麗に見せています。

まとめ


いかがでしたか?

ヘアスタイルを気にする男性は「まわりからどういった印象を受けているか」を非常に考えていると思います。
現に筆者もそうですよ。
そして「どうすればかっこよく見えるか」を必死に考えていました。

20代前半の頃までは「派手なもの=カッコいい」という考えが抜けなかったので、いささか派手な髪型もしました。今や黒歴史となっていますがw

社会人の皆さんなら、すでにお分かりかとおもいますが、カッコいいの価値観は人それぞれです。
ただ、世間様の意見を考慮すると、派手な髪型よりも黒髪でさっぱりした髪型のほうが社内でもモテるんですよね。
清潔感もありますし、誠実な印象がありますから。

今回紹介したツーブロックのビジネススタイルはとにかく清潔感があります。どんなシーンでもなじむことのきますし、男性的なカッコよさを表現してくれるでしょう。

どんな髪型にしようか悩んでいるのであれば、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

Tags: , ,

Advertisement

注目ワード

Facebook